クマは病院で治療すべき|消すのが難しくても医療機関で刺青の除去が可能です

消すのが難しくても医療機関で刺青の除去が可能です

レディー

クマは病院で治療すべき

目元を触る女性

クマには種類がある

目のクマですが、実は幾つかの種類があるのです。美容外科では症状によって変化をつけた治療を行います。一つめの目のクマは、目の下の弛みによって影が出来る影クマです。二つめは、皮膚の下にある眼輪筋の色が透けて見えてしまっている紫クマです。最後は、目の下の皮膚に色が色素沈着してしまった茶クマです。アイメイクが残ってしまった場合などに発症します。それぞれ原因が異なるので、もちろん治療方法も変わってきます。自己流にマッサージをしたり、サプリメントを飲んだとしても、大きな改善は見られません。そんなと時には、専門病院である美容外科に行くのが最善です。特に、目のクマをメイクでカバーしようとすると余計に悪化してしまいます。

治療法はさまざま

では、美容外科ではどのようにして目のクマの治療を行うのでしょうか。まずは弛みによって出来るクマですが、膨らんでいる箇所を取り除きます。脂肪を抽出する際に切開する必要はありませんので、日帰りの施術で充分です。窪みやシワが出た場合には、ヒアルロン酸などで調整してくれます。次に紫クマですが、目の下に薄く広く脂肪を入れることによって、眼輪筋の下で透けて見える血管をカバーします。質の良い脂肪注入することによって、効果は永久に続きます。最後に茶クマですが、これは美容外科特有のレーザー治療や色素沈着を引き起こすメラニンの抑制薬を飲むことによって、改善させるという方法があります。茶クマは、弛みクマと紫クマとの複合作用で発生している場合もあります。